[NEWS] 0012

山田由紀子さんの一人娘が日本に来ているというので会って話しを聞いてきました

 


ノーブルス・沙由美・アリアーナさんは〔旧姓山田〕由紀子&サラーム・ノーブルス夫妻のひとり娘。現在19歳。 アメリカのロードアイランド州プロヴィデンスの名門ブラウン大学の二年生を終えたところ。この5/247/30まで、三大ネットワークのひとCBSの東京事務所(赤坂のTBSテレビ内)でインターンシップをしている。毎年、アメリカからの大学生を一人受け入れているとのこと。無給ですが、大切な経験をしている。 私(神部)の所や、元「レッツゴー・東京」の上松(旧高桑)由紀子さん宅等にホームステイ中。 明るく、フレンドリーかつしっかりしたお嬢さんです。ユキちゃんママに子供のころから、しっかりと教育、しつけされた成果がでています。

 (この紹介文はウォーラー・神部ちづ子さんより)

CALIFORNIA GIRL  1984年LA生まれ、高校卒業までロングビーチで育った生粋のカリフォルニアガールです。でも今まで15回ぐらい日本にも来ています。

両親とも音楽教師という環境で育つ。母は彼女がお腹のなかにいる時からクラッシック音楽を聞かせる。父はジャズが専門。

由紀ちゃんは教育ママでした。   3歳のときから公文式に通い日本語をまなぶ。ヤマハのピアノ教室にも通う(通わされた?) 小学校の時には、月曜日はバレー、火曜日はタップ、水曜日は歌、木曜日は絵画、金曜日は日本語学校予習、土曜日は日本語学校、日曜日はホームワーク。通常の学校の勉強以外にこれだけの習い事があり、さらに母親のピアノレッスンがかなり厳しくて、課題曲が弾けるまでは遊びに出させてはもらえなかったそうです。移動学校当時の由紀ちゃんの、のんびりしたやさしいイメージからは想像できません。母は強しです。 その結果沙由美さんは完璧なバイリンガルです。私との会話もすべて日本語でした。

大学進学と将来。   両親さらに祖母、祖父にも教師がいるという家系だが、彼女が教師になるのは絶対反対で、なにかほかのことを探すようにと常に言われていた。大学進学は父母と同じように(父は西部から東部へ、母は日本から米国)家をでて東海岸での一人暮らしを選びました。希望していたアイビーリーグの生活をエンジョイしているみたいでした。米国と中国・日本の関係について学んでいます。高校時代には離れていた日本語の勉強も再開、マスコミの方面にも興味が出てきたみたいです。これからどんな道を歩むのか楽しみ。私も親戚のおじさんの様な気持ちで見守っていきたいです。

3枚のCD  もし人生最後の時に三枚だけCDを聞けるとしたらなにを選ぶかという問いの答えです。9月に二十歳を迎える女の子にしてはずいぶんと幅広い音楽性がうかがわれます。それぞれの公式サイトは以下のとおりです。音楽や映像がみられます(お使いのパソコンによってはソフトのダウンロードが必要な場合があります)

 THE FLAMING LIPS  www.flaminglips.com

SARAH MLACHLAN    www.sarahmclachlan.com

ASTOR PIAZZOLLA      www.piazzolla.org/

 記事に関して:今回彼女が日本にいるあいだにCBS.Market Watchに発信した記事三つ載せました。本文は英語。なお正確を期すため日本語訳は私が知りうるかぎりの最適任者岡淳さんにお願いしました。ありがとうございました。

Bandai relaunching updated Tamagotchi virtual pets By Ariana Nobles
Last Update: 6:44 AM ET Jun 16, 2004
TOKYO (CBS.MW) - The little beeping chick is back--Bandai is bringing back its Tamagotchi virtual pet to the global market.

The popular mid-1990's pocket-sized plastic orb has already made its return to Japan three months ago, with global sales expecting to pass 550,000 by the end of the month, Bandai (BNDCY) (7967) said. But those figures are puny compared with those for the original Tamagotchi, which sold over 20 million units in Japan alone in just two years after its 1996 introduction.

The original Tamagotchi sold over 40 million worldwide during its run. A Bandai official said the company is preparing to sell a more modest 2 million this time around - and perhaps as many as 1.5 million in Japan alone.

"Bandai hasn't had many hit products in recent years, and this could be it for them," said Jay Defibaugh of Credit Suisse First Boston in Tokyo.

During the original craze here, some children and young teens owned several Tamagotchis and hid them in their school desks, secretly feeding and caring for their digital pets during class.

But the product's popularity waned so suddenly that Bandai had to write off a roost full of inventory, which dragged it deeply into the red in 1999. The company is likely to more cautious this time around, analysts say.

"Bandai will probably target young kids who don't remember the Tamagotchi bust six years ago," said Defibaugh. "The toys are electronic but not overly complicated, so that may prove to be a major plus."

The new Tamagotchi has features to make it more interactive than the original. Wireless technology allows each unit to store up to 50 "friends," to fall in love, and ultimately marry and mate with a compatible partner to create second and third generation Tamagotchi pets.

Bandai, the world's third largest toy company, is reintroducing its new toy to the world market with a staggered entrance, starting in Japan, and followed by recent launches in France, the UK, other parts of Asia and Australia.

The U.S. unit of Bandai will launch the updated "Tamagotchi Connection" in August with a series of auctions selling celebrity-autographed Tamagotchi Connection packages and T-shirts on eBay (EBAY) beginning June 21.

Tokyo retailers say the new Tamagotchis aren't quite the "must have" items of yesteryear. But a random survey of three large shops, including a local branch of U.S.-based Toys R Us (TOY) , showed the toys were sold out on Wednesday.

"It's true they aren't selling the way they were 7 years ago, with kids lining up waiting for stores to open, but that was a huge boom," explained a salesman at the Harajuku branch of Kiddy Land. "Now it seems like Bandai is aiming for longevity and kids are coming in to buy these toys with their mothers."
 

バンダイ、仮想ペットのたまごっちを更新し、再登場

2004616日 米国東部時間 午前6:44

あの小さなピヨピヨひよこが帰ってきました。バンダイは仮想ペットのたまごっちを世界市場に再登場させます。

 1990年代半ばに人気を得たポケットサイズのプラスチック球体は、既に3か月前に日本で復活し、バンダイは今月末までに55万個以上の販売見通しを発表しました。 しかし、1996年に登場し、二年間で、2千万個以上の国内販売された初代のたまごっちと比べると、その数は取るに足りません。

 初代のたまごっちは世界中で4千万個以上売れました。 バンダイの役員によると、今回は控えめに2百万個の販売をする用意をし、国内だけで150万の販売見通しを発表しました。

 総合的に投資銀行業務を行っている東京のクレディ・スイス・ファースト・ボストンのジェイ・デフィバウ氏によりますと、「バンダイは近年ヒット商品が無く、これがそれになることがありえます」、と言いました。

 熱狂的流行の最中、小中学生の中にはいくつものたまごっちを所有し、学校の机に隠しては、授業中エサを与えるなど、デジタル・ペットの世話をしていました。

 しかし、商品人気は急激に減少し、眠りにつき、バンダイは在庫を損失処理し、1999年には大赤字となりました。アナリストによると今回は慎重であるとの見方です。

 「バンダイは、6年前のたまごっちブームを覚えていない、若い子供を対象とするでしょう」とデフィバウ氏は語りました。 「おもちゃは電子製品であるが、過度に複雑ではなく、結果的にはプラス面として表にでると思われます。」

 新たまごっちは初代より、対話型の特徴を持っています。 無線技術により、1個のたまごっちがそれぞれ50人の「友達」を記録することができ、恋愛をし、結婚をし、やがて連れ添いと二代目そして三代目のたまごっちにつながって行きます。

 バンダイ(世界第3位の玩具会社)は、日本を手始めに、順次フランス、英国、アジアおよびオーストラリアに再登場させています。

 米国バンダイは、621日よりオークション・サイトのEBAYで、著名人の署名入りたまごっち・コネクション及びTシャツを売り、8月には最新のたまごっち・コネクションを始めます。

 東京の小売り業者は、新たまごっちは先年程の必需品にはなりそうも無いとの感想です。しかし、大手3社(米国トイザーラス日本支店を含む)で行った無作為調査の結果をみると、水曜日に完売したことを示しました。

 キディランド原宿店の販売員によると、「たしかに7年前のような売れ方ではありません。当時は子供達が列をなして開店を待つほどの大ブームでしたから。 今回、バンダイは長寿を目指し、子供は母親と買いに来ています。」

CBSマーケット・ウオッチ

東京支局  アリアナ・ノーブルス

Japan survey: men in 2-income families do less at home By Ariana Nobles
Last Update: 6:15 AM ET Jun 11, 2004
TOKYO (CBS.MW) - Working husbands in two-income Japanese families actually contribute less time to housework and childcare than spouses of stay-at-home wives, an annual government report on gender participation showed Friday.

The average working husband spends 32 minutes on housework, compared to 25 minutes spent by husbands with wives working outside the home, according to 2004 survey released by the Cabinet Office.

"This can probably be attributed to two reasons. First, most men probably don't think they have any time to spend on housework after working long hours, and secondly, most men just don't have an active interest in helping out around the house" said a Cabinet Office official.

The survey showed that the hourly breakdown of a husband's day is generally not affected by whether or not the wife works outside the home. The data imply that the extra time burden of the second paycheck falls mainly on working women, who typically reduce their leisure, housework, and childcare hours in order to spend that time at their outside jobs.

The survey might offer one clue about why the nation's birth rate is sinking, as more women struggle to balance careers and family.

The average number of births by a woman in her lifetime dropped to a record low of 1.29 across Japan last year, and the figure for Tokyo was at an all-time low of 0.9987.

The falling birthrate is a major concern for Japan, as the number of elderly is growing faster than the workforce contributing to the nation's pension system.

Japan's life expectancy is the longest in the world for both sexes - 85.23 years for women and 78.32 for men in 2002. One in three Japanese will be over age 65 by 2050, compared to about one in five now.

"A looming labor shortage would never materialize if females joined the labor force in the same numbers as their male counterparts," the OECD concluded in a survey last year.

But the Japanese labor market needs to change to provide women with the flexible hours, attractive jobs, decent wages and career prospects to entice them back into employment after they have children, the OECD said.

Government rules for health insurance and pensions, as well as companies' benefits for spouses, discourage women from earning more than a modest amount, in order to avoid cuts in these benefits if their household incomes rise too much due to their employment, the international agency said.
 

日本での調査「 共働きの夫は家ではさほど働かない」

米国東部時刻2004611日 午前6:15

 日本において、共働きの夫の家事や育児に費やす時間が専業主婦の夫より少ないことが、毎年発行される政府報告書、男女共同参画白書に示めされました。

 内閣府の2004年調査によれば、平均的な夫は32分を家事に費やし、それに対し共働き世帯での夫は25分である、と公表されました。

 内閣府担当者によると、「これは、恐らく2つの理由に起因するでしょう。 最初に、ほとんどの男性は、長い時間働いた後に、家事に費す時間がないものだと思っており、また、第2に、ほとんどの男性は、家事に対して積極的な関心をまったく持ちません」。

 調査によると、妻が家の外で働こうとなかろうと、時間ごとに分析した夫の一日は、概して影響されていないことを示しました。 資料は、二つ目の収入を得る為に増えた時間の負担は主に働く女性に掛かり、彼女達は一般的に、外で働く為には自分の余暇、家事および育児の時間を縮小している、という事を暗に示しています。

 この調査は、いったい何故、キャリアと家族のバランスを保とうと葛藤する女性が増える一方で、国の出生率が下がっていくのか、一つの手掛かりを提示しているかもしれません。

 日本の女性の生涯における平均出産率は、昨年、1.29となり、過去最低でした。また、東京の数字は0.9987と空前の低さでした。

 出生率の減少は、高齢化が国の年金を支える労働力より速く進んでいる日本においては、大きな関心事です。

 日本の平均寿命は、男女ともに世界最高齢であり、2002年には、女性が85.23歳そして男性が78.32歳でした。 現在、日本人の5人のうち1人は65歳以上ですが、2050年には3人に1人となるでしょう。

 経済協力開発機構(OECD)は、「もし女性の就労数が、男性と同数となって労働戦力に加われば、やがて来るとみられる労働力不足は存在しなくなる」と昨年、調査で結論を下しました。

 しかし、女性が産後、魅力を感じて復職するような、フレックス・タイム制度、魅力的な仕事、適正な賃金および職業的成功等を提供するように、日本の労働市場は変わる必要がある、とOECDは語りました。

 健康保険と年金を定める法律も配偶者のための会社の福利厚生も、女性が控えめな収入以上を得るのを阻んでいます。仕事による家計収入が一定以上になり、配偶者対象の福利厚生制度の給付を削減されないように、就労を抑えるからです。と国際的な機関は説明しています。

 CBS東京支局 マーケットウオッチ  アリアナ・ノーブルス

 

Fast Retailing's recovery shows Japan's value shift By Ariana Nobles
Last Update: 9:15 PM ET Jul 5, 2004
TOKYO (CBS.MW) -- Japan long has had the image of a nation of luxury lovers, but the recovery of casual wear retailer Fast Retailing shows that image needs updating.

In stark contrast to the high-priced boutiques carrying Prada purses and designer shoes, Fast Retailing's (FSRTFM) (9983) flagship UniQlo stores are filled with printed T-shirts with Andy Warhol-like designs for 1,000 yen ($9.20), and bags for as little as 800 yen.

Fast Retailing was at the vanguard of offering stylish and competitively-priced clothing to Japanese consumers during the nation's long slump. The economy -- as well as some business mistakes -- eventually caught up with the company. But its resolve to stay true to its value image have helped it get back on track, analysts say.

"Japanese consumers are being very clever. They know about a good balance of price and quality. UniQlo is definitely the most competitive in this aspect, and Japanese consumers realize this, and this is why the brand is recovering," said Credit Suisse First Boston retail analyst Dairo Murata.

Japan's so-called "Lost Decade" that followed the end of its bubble economy of the late 1980s led many Japanese shoppers to reconsider former beliefs that low price must equal low quality. While high-end goods still are popular, many bargain-hunting shoppers now flock to the once-shunned low-end.

"During the bubble we could buy expensive things," said Yukiko Uematsu, a Tokyo mother, UniQlo customer and part-time sociology lecturer at Kanegawa University. "But once it burst, money got tight, and cheaper goods have become much more attractive."

In 2000, UniQlo's sales boomed as it capitalized on this shift in consumer values, but then sales dropped for two straight years through August 2003 and markdowns saturated the market. For a while, it looked as if Fast Retailing might end up as yet another retail casualty of the long downturn.

But now that Japan's economy is finally emerging from its 13 years of stop-and-stall growth and consumer spending is once again on the rise, UniQlo has the brand recognition to lure back its recession-hardened customers who got into the habit of seeking quality goods at competitive prices.

"With the improvement of the Japanese economic climate, consumers who had once turned away from the UniQlo brand are now returning," said Kiyoshi Mori, a retail analyst at Okasan Securities. "The company's recent success is also due in part to targeting female consumers, who are increasing sales."

In April, Fast Retailing announced its first interim profit increase in three years. Group net profit for the six months through Feb. 29 soared 50 percent on year to 17.8 billion yen, as sales, profit margins and customer traffic all rose. For the full fiscal year ending Aug. 31, the company expects its net profit to climb 34 percent to 28 billion yen on an 8 percent rise in sales.

Keeping psychological advantage

Competitive pricing has always been the cornerstone of Fast Retailing's strategy.

In April, new Japanese regulations called for all retailers to display price tags that included the national 5 percent consumption tax, which would have added a digit to some of UniQlo's price tags. Items marked 990 yen, for instance, would have had to be marked as 1,050 yen.

But Fast Retailing responded by lowering its prices to maintain its value appeal and keep its same low marked prices, to achieve what the company sees as a psychological advantage over competitors who marked prices higher to reflect the tax.

Although the move will have a negative effect on profits, the company's increased competitiveness, strong brand recognition, and new spring and summer product line should offset that, said Credit Suisse First Boston's Murata.

Murata expects Fast Retailing will achieve a target price of 9,600 yen by August. On Monday, its shares closed down 1.6 percent at 8,570 yen, as the benchmark Nikkei Average shed 1.5 percent.

"It's a very unique company. Fast Retailing is very different from other Japanese retailers in that its management really seeks out growth," Murata said.

Fast Retailing's experience with domestic saturation has convinced the company to look overseas for expansion opportunities. It opened stores in the United Kingdom and China, with mixed results so far.

As part of its ambitious goal to ultimately become a worldwide leader in casual clothing retail, Fast Retailing ambitiously opened 21 UniQlo outlets in the U.K. starting in September 2001.

However, inadequate market research and excessive confidence from its success in Japan contributed to an estimated 3 million yen loss from the U.K. stores, according to the company. Despite an aggressive advertising campaign, British consumers did not immediately embrace the brand and the company closed 16 of the U.K. branches by 2003.

Fast Retailing now is moving at a more tempered pace, and the company said it expects the five remaining U.K. stores to be profitable by the end of this fiscal year.

Other domestic expansion ideas haven't born fruit. A 22-month venture into organic produce was discontinued in June of this year, with an estimated loss of 3 billion yen. Unlike its core clothing line, Fast Retailing's produce was about 20 percent more expensive than average supermarket prices.

"In the past they made many mistakes, they became overconfident, but now they have learned from their failures in the food industry and expansion to the U.K. and they are much more realistic. They have changed their direction and are now focusing on their main business and this is how they will recover," Murata said.

Even as Fast Retailing refocuses on its core business, its chief executive officer, Tadashi Yanai, is likely to keep on taking chances on expansion.

"A company unable to achieve growth is no better than dead," Yanai told the Japanese business daily Nihon Keizai Shimbun earlier this year.


ファースト・リテーリング社の景気回復は、日本の価値観の変化を示しています。

米国東部時間最200475日 午後9:15

 長く日本は、高級品愛好者の多い国としてのイメージを持たれていました。 しかしカジュアル・ウエァーの小売り業者、ファースト・リテーリング社の景気回復により、そのイメージを改める必要が出てきました。

 高価なプラダのバッグやデザイナーズブランドの靴を並べる高級ブティックとは全く対照的に、ファースト・リテーリング社の旗艦ユニクロ店では、アンディ・ウォーホル調の模様をほどこした1000円のプリントTシャツや800円弱のバッグで埋め尽くされています。

 ファースト・リテーリング社は国の長期景気低迷中、他社よりも日本人消費者へお洒落で大変低価格な衣類を提供する先駆者でした。 いくつかの事業判断の誤りもあり、会社は結局不況の波に追いつかれました。しかし、その価値観のイメージを忠実に保とうという決断が、元の軌道へひき戻すのを助けた、とアナリストは言います。

 クレディ・スイス・ファースト・ボストンの小売専門店アナリストの村田大郎氏によると、「日本の消費者は非常に賢く 価格と質の、よいバランスを知っています。 ユニクロは明確にこの点を競争的側面としており、日本の消費者もこれに気付いています。それゆえにブランドは回復しているのです」。

 1980年代後半のバブル経済の終了に続いた、日本のいわゆる「失われた十年間」は、多くの日本人買物客に安値イコール低品質という、以前の思い込みを再考させました。 高価な品物はまだ人気があるものの、多くのバーゲンハンターは現在、かつて敬遠された低価格へ集まります。

 母親でありユニクロの顧客、そして神奈川大学の社会学非常勤講師で東京在住の植松ゆきこ氏は、「バブルの間、私たちは高価なものを買うことができましたが、一旦バブルが崩壊し金銭的に締め付けられると、より安い品物がはるかに魅力的になりました。」と語りました。

 2000年には、消費者価値のこの変動に乗り、ユニクロの売上高は急激に勢いづきました。しかし、その後、売上高は20038月を通じて、連続2年間落ち、また、値下げが市場を埋め尽くしました。 しばらくの間、あたかもファースト・リテーリング社は、小売業者として長い下降のさらなる犠牲者に陥るかのように見えました。

 しかし現在日本の経済は、13年間成長が止まって失速した時期からやっと回復をし、消費者支出は再度上昇中で、ユニクロには、競争価格で良質の物を求める習慣が身についた、不景気を経験した顧客を呼び戻すブランド認知度があります。

 「日本の経済情勢の回復で、ユニクロブランドから一度遠ざかった消費者は今戻っています」と岡三証券企業調査部の森 清アナリストは言います。 「最近の成功は一部、売上高を増加させる女性消費者をターゲットとした点にあります。」

 4月に、ファースト・リテーリング社は、3年間で初めての中間収益増加を発表しました。 売上高、利ざやおよび顧客数がすべて上昇したので、6か月の間の連結純利益は229日までで178億円に達し50パーセントの急上昇でした。 831日に終了する会計年度に対し、会社は、売り上げが8パーセント伸び、純益が34パーセント上昇して280億円になることを期待しています。

心理的利点の維持

競争に勝てる価格は常にファースト・リテーリング社の戦略の基礎でした。

4月に、新しい日本の法律が導入され、すべての小売り業者は5パーセントの消費税を含んだ額を表示するようになり、一部のユニクロの正札にも、例えば990円と表示されていた品物が1,050円といったように、一桁増える結果になりました。

 しかしファースト・リテーリング社は、競争相手が税込みで値上げ価格を表示するのに対し、心理的利点を得られるとして低価格戦略を維持し、かつ更なる値下げ表示価格で対応しました。

 その決断は利益に対してはマイナスとなるものの、会社の更なる競争力、強いブランド認知度、および新しい春物および夏物の製品ラインによって、それを相殺する、とクレディ・スイス・ファースト・ボストンの村田氏は語りました。

 村田氏は、8月までにファースト・リテーリング社が9,600円の目標価格を達成するだろうと期待します。 月曜日に、価値判断として、日経平均株価が1.5パーセント下がったのに対して、同社の株価は1.6パーセント下がり8,570円で終わりました。

 「非常にユニークな会社です。 ファースト・リテーリング社は経営者が実際に成長を目指すという点で他の日本の小売り業者とは非常に異なります」と村田氏は語りました。

 ファースト・リテーリング社の国内での飽和状態の経験は、拡張機会を海外へ求める方向付けをしました。 まちまちな結果が出る中で、英国と中国に店舗の展開をしました。

 究極的にはカジュアル衣服の世界的リーダーとなる、といった同社の野心の一部として、ファースト・リテーリング社は、20019月を皮切りに大がかりに英国で21の店舗を展開しました。

 しかしながら、同社によると、日本における成功から来る過度の確信、および不十分な市場調査の結果、英国店舗は300万円の損害を出しました。 積極的な宣伝活動にもかかわらず、英国の消費者は直ちにブランドを認めず、2003年までに16の英国店舗を閉鎖しました。

 ファースト・リテーリング社は現在、より緩和したペース展開をし、また会計年度末までにおける英国の残り5店舗での高収益を期待しています。

 他の国内での拡張は実を結んでいません。22ヶ月間の有機農産物による冒険的事業は今年の6月で中止し、30億円の損失とみられています。 中核の衣服と異なり、同社の生産物は、平均スーパーマーケット価格より約20パーセント高値でした。

 「過去に多くの過ちを犯し、自信過剰にもなりましたが、食品進出及び英国への展開の失敗で学び、より現実的になりました。 方向転換をし、本業に専念をすることが復活に繋がります」と村田氏。

 まさに本業に焦点を合わせながらも、柳井正会長は拡張への挑戦を続けるでしょう。

 「成長を達成することができない会社は、死にも値しない。」柳井は今年の初めに日本の経済紙である日本経済新聞に語りました。

 CBS東京支局・マーケットウオッチ アリアナ・ノーブルズ

Back To LINKS

Copyright © 2001-2004 [MRA国際移動学校]. All rights reserved.
最終更新日 : 2009/07/29 .