第二回小田原世界大会と劇「共産主義を越えて革命へ」

昭和38年(1963)4月には内外から多数の参加者を得て、第二回の世界大会を開催した。これを機会にブックマン博士の死後、世界のMRA活動を指導することとなったピーター・ハワード氏が来日し、早稲田大学の「小野梓講堂」で「共産主義を越えて革命へ」と題して講演を行った。「60年安保」の後遺症が色濃く残っている中で、精神的改革を前提とした世界再造への道筋を示す先見的な講演で、当時アジアセンターの大会に参加していた学生達が、そのテーマを軸とする音楽劇「共産主義を越えて革命へ」(原作・木村吉紀)を書き、アジアセンターの施設を利用して演出、制作を進めた。


招待状 PDF形式

岸前首相 拡大

台湾 張群秘書長 拡大

前列中央は鳩山薫子夫人 拡大

大会風景 拡大
《《 招待状(和文)へ 》》
《《 アルバム(その他大会写真)へ 》》

この劇は6月大和證券ホール(東京)での公演を皮切りに、九州、四国、山陰、近畿、東海、関東、北海道など、各都市の劇場や大学、各地の自衛隊駐屯地での上演が続いた。東京から北海道への移動には自衛隊の輸送機が提供され、厳寒の中を全道の自衛隊基地の大半で上演した。この間同年11月から2ケ月間はインド各地を巡演するなど大きな成果をあげた。


早稲田大学で講演する
ピーター・ハワード
拡大

ピーター・ハワード 拡大

講演録 PDF形式

「共産主義を越えて革命へ」
劇中一場面
拡大

プログラム PDF形式

インドでは「ルビコン川を渡って」
と改称して上演
PDF形式

《《 アルバム(その他の写真)へ 》》
 

前へ |  戻る |  次へ


1.第一回小田原大会 | 2.第二回小田原大会 | 3.高校生の活動 | 4.シング・アウト65 | 5.第三回小田原大会 | 6.レッツ・ゴー66 | 7.MRA移動学校 | 8.シング・アウト・アジア | 9.涙をこえて | 10.LIOJ | 11.EWS | 12.助成事業 | 13.OCA | 戻 る | トップページ

Copyright (c) 財団法人MRAハウス